• ホーム
  • 動物供養・人形供養
  • 座禅会・宿坊
  • 聖宝寺について
  • イベント行事
  • お寺のみどころ
  • アクセスマップ
  • 和尚のブログ
  • お問い合わせ

鳴谷山 聖宝寺(めいこくさん しょうぼうじ)

投稿一覧

人形供養を、月一回人形供養祭として行うこととなりました。
令和3年9月の人形供養祭は
9月18日(土)午前10時より聖寶寺本堂にてとりおこないます。

新型コロナウイルス対策のため、ご参加は一家族につき二名様迄でお願いしております

NCM_0025

供養会への参加をご希望の方は、お時間までに本堂にお越しください。
本堂に上がって頂いた後、人形さんをお供え頂き、机においたある申込用紙に必要事項をご記入ください。

人形の種類、材質は問いません。
また、段飾りの雛人形に付属している、飾り物もお受けいたします。
但し、段飾りの壇の板や支柱、ガラスケースのガラスはご遠慮ください。
持ち込むときの入れ物には指定はありませんので、運びやすいものでお持ち込みください。

※ご参加の皆様には、お布施(目安:ミカン箱の大きさあたり五千円位)をお願いしております。

| カテゴリー: イベント情報 |

長い間、休止していた法話ダイヤルを再開しました。

体が動かなくなると、気持ち動かなくなるのは私だけでしょうか?!

腰の狭窄症の手術から始まり、神経網炎で腕が上がらなくなって、気力が落ちてしまいました。

今まで、できていたことができなくなると、やる気を失い、いままでおこなっていた活動が次第にやらなくなりました。

あんなに燃えていた、鈴虫の繁殖も今では、10個あるケースの中身は廃墟です。
金魚が死滅した水槽はカビが浮いてました。
カヤの実は鳥たちの餌となり、銀杏の実はお手伝いの皆さんのお陰でなんとか拾ってもらっていましたが、参拝者の取り放題。

46-8102に電話しても、何の返答もなし。
ある人からは、聖宝寺の和尚さん亡くなったのか?なんて聞かれてるほど。

それも、今日からはちゃんとお話を聞いて頂けるようになりました。

一昨日、「川スミ」の有志のお力で水槽も掃除してもらえました。
近いうちに金魚を入れます。

少しずつやる気を戻していきます。

0594ー46ー8102に電話してみてください!!
私の肉声が聞けますよ!!

これからも、皆さんのご支援もよろしくお願いします。

| カテゴリー: 和尚のブログ |

あのとき、何気なくNKHの9時のニュースを見てました。
子供たちは違う番組が見たいとかで、私一人、離れで見てたのです。
スイッチをつけると、すでに貿易センタービルの一つから煙が出ていました。
実況中継しているアナウンサーはセスナ機が誤って突っ込んだというような情報を伝えてました。
まだ、その時は何が起こっているのか、分からずに画面からは煙と炎に包まれたビルが流してました。
9:10頃、一機の旅客機がもう一つのビルに突っ込んだのを見ることになりました。

それを見ていたアナウンサーが叫びました。「これはテロです。」と。
私はすぐに、ニューヨークに住んでいる大菩薩禅堂にいた友だちに電話をしました。
彼も驚いていて、震えながら泣いていました。
彼の家は現場から10ブロック上にあるところでしたが、飛行機が突っ込んだとき、地響きがしたそうです。
すぐに、アップタウンにある、禅堂に避難しろと叫んで電話を切りました。
いろいろと解説をしているのをボーと聞きながら時間が経ちました。
現場近くまでカメラが入って、様子を伝えていたとき、ほぼ、飛行機が突っ込んで1時間くらい経ったとき、いきなり、一つ目のビルが崩壊したのです。
崩壊するビルトとともに紙切れや机、椅子とそして多くの人が舞っているのが映し出されました。
その時、次男坊が「お父さん何見てるの」といいながら、人が落ちていく様子を見て、「人も飛べるんだ」なんていったものですから怒って「違う、落とされたんだ。みんな死んじゃうんだぞ」といったら、「助けなきゃ」と言われて、言葉を失いました。
私はそのままテレビから離れることができませんでしたが、子供は床に向かいました。

そうこうしていると、先ほど電話をした彼から電話があり、歩いて禅堂に行ったとここと。禅堂には多くの人がいたそうです。

一つ目のビルが崩壊して30分も経たない頃、もう一つのビルも崩壊しました。

それから後、大菩薩禅堂のメンバーで何人かの人が犠牲になったことを聞きました。

5年後、私は家族で大菩薩禅堂に行事に参加するため、ニューヨークに行きました。その時に、みんなでお参りに行きました。
私が知っている、貿易センタービルはもちろんなく、多くに人が祈りを捧げてました。

アメリカはそれから、テロとの戦いという名目でイラク・アフガニスタンを攻めに行きました。
そして、この前アフガニスタンから手を引いた途端、タリバンに占領されてもとに戻った。

憎しみは憎しみを生むだけと分かっていても復讐という正義を振りかざして、戦争をするのです。

日本は戦後76年間戦争をせずにすみました。

でも、今でも戦争をしている国はあることは事実です。
いつ誰かが自分の命を狙っているか緊張しなくていいの場所に今います。

今は!!


この写真は3年前に嶋野老師の遺骨を大菩薩禅堂に持って行ったときのニューヨーク市内の写真です。昔はあの奥に貿易センタービルが建っていました。

| カテゴリー: 和尚のブログ |

駐車場にある、かえでの葉が変です。
今年は、なぜか、葉先の色がくすんできました。
ところが、くすんできた葉の枝先に新しく芽吹いた葉が出てきました。
それがやけにきれいな葉をつけています。

それとともに、今年はチョウチョがめっきり姿を見せません。
シロチョウ類・アゲハチョウ類・シジミチョウ類など数多くの蝶類が庭に飛んでいたのに。
今年はほとんど見ません。

蝉やトンボはいつものように飛んだり鳴いたりしているのに。

何かが変です。

お山に何かが起きているようです。

ちょっと注意して見ていきます。

ご来山頂いたときに、変化を感じたら教えてください!!

| カテゴリー: 和尚のブログ |

寺ヨガ&坐禅会

初心者向けヨガ + 初心者向け坐禅 + お抹茶とお菓子

ヨガと坐禅を組み合わせて心身の状態を整えます。
呼吸を中心に心身を調えていく無理の無い内容で、どなたでも体験頂けます。
坐禅の後は、お抹茶とお菓子でリラックス!

日程 9月5日(日)10:30~
定員 先着15名様(要予約)
場所 聖寶寺本堂(アクセス
参加料 2,000円
持ち物 動きやすい服装・飲み物・汗ふきタオル・マット(貸し出し可)
お申し込み
お問い合わせ
TEL 0594-46-8101
または、お問い合わせフォーム

講師:瀬川 朝子(せがわ あさこ)

愛知県出身
仕事が大変で体調が悪くなり、ヨガを始めるようになる。
現在桑名市内の複数のスタジオで、ヨガを教えている他、自身も一児の母として、子育てママの為のサークルを主催している。

  • リンパケアセラピストとしても活動中
  • LAXMI YOGA インストラクター認定
  • スタジオヨギー公認産前の為の指導者認定
  • スタジオヨギー公認産後のママと赤ちゃんの為の指導者認定
  • 日本リンパ美容健康普及会リンパケアセラピスト認定

瀬川 朝子

| カテゴリー: イベント情報 |

聖宝寺の道場にて、
初心者向けの陶芸体験教室を開催します。

講師は陶芸家、森工人 先生(桑名萬古焼)。湯呑、茶碗などを作ります。

tougei2

日程 令和3年 8月28日(土)
(要予約)3日前締切
時間 13:30〜15:30
定員 先着10名様
場所 聖寶寺 道場(アクセス
参加費 3,500円(材料費・焼成費込)
持ち物 タオル、汚れてもよい恰好(あればエプロン)
受け渡し 作陶後3〜4週間程度で焼き上がり、聖宝寺に預けおきますので、都合の良い時に取りに来てください。六石窯(ろっこくよう)での受け取りや、着払いでの配送にも対応いたします。
お申し込み
お問い合わせ
TEL 0594-46-8101
または、お問い合わせフォーム

tougei1

tougei3

20150628-IMG_3920

講師:森 工人(もり のりと)

  • 1994年 京都府立陶工技術専門校卒業
  • 1995年 京都市立工業試験場終了、父一蔵に師事し六石窯(ろっこくよう)に入る
  • 1997年 三重県美術展覧会 入選 以後多数
  • 2004-09年 個展 ギャラリー堂島(大阪)以後3回、個展 陶芸の店もと子(東京)以後4回
  • 2005年 長三賞展(常滑)入選、個展 山画廊(四日市)以後隔年開催
  • 2007年〜 松屋銀座、日本橋高島屋などで作品展示
  • 現在 長島ふれあい学習館作陶体験教室 講師、同作陶一般コース講師助手

六石窯(ろっこくよう)

  • 1970年 桑名市安永にガス窯を築く
  • 1974年 員弁郡(現いなべ市)北勢町に登り窯を築く、日根野作三氏より現在の窯名を頂く
  • 1994年 桑名萬古焼として三重県指定伝統工芸品に認定
| カテゴリー: イベント情報 |

人形供養を、月一回人形供養祭として行うこととなりました。
令和3年8月の人形供養祭は
8月28日(土)午前10時より聖寶寺本堂にてとりおこないます。

新型コロナウイルス対策のため、ご参加は一家族につき二名様迄でお願いしております

NCM_0025

供養会への参加をご希望の方は、お時間までに本堂にお越しください。
本堂に上がって頂いた後、人形さんをお供え頂き、机においたある申込用紙に必要事項をご記入ください。

人形の種類、材質は問いません。
また、段飾りの雛人形に付属している、飾り物もお受けいたします。
但し、段飾りの壇の板や支柱、ガラスケースのガラスはご遠慮ください。
持ち込むときの入れ物には指定はありませんので、運びやすいものでお持ち込みください。

※ご参加の皆様には、お布施(目安:ミカン箱の大きさあたり五千円位)をお願いしております。

| カテゴリー: イベント情報 |

どうぶつお盆供養会、無参拝者での開催について

8/18 新型コロナウィルスの感染状況を鑑みて、本年(令和3年)のどうぶつお盆供養会は、参拝者なしでの開催へ変更いたしました。参加を希望されていたご家族の皆さまには、たいへん申し訳ない思いですが、感染をこれ以上拡げないためには、必要な対処であると考えております。

尚、8/21(土)10:30〜より当山Youtubeチャンネルにて法要の模様をライブ配信する予定です。

聖宝寺中井泰山 Youtubeチャンネル

供養会の配信動画はこちらでもご覧いただけます。

急遽かつ初めての試みにて不手際があるかもしれませんが、画面越しにご参拝いただければ幸いです。

  • 全ての法要は、8/21(土)10時半からの1回にまとめてとりおこないます。
  • 法要後はYoutubeチャンネルにてご覧いただけるよう、アーカイブする予定です。
  • 水塔婆供養の模様も中継する予定です。

本年も、年に一度の大法要「どうぶつお盆供養会」を、聖寶寺本堂にてとりおこないます。

令和3年8月21日(土)

  • 9時〜 盆供養
    2018年にご葬儀を行われた方
  • 11時〜 初盆供養
    2020年6月29日〜9月30日にご葬儀を行われた方
  • 14時〜 初盆供養
    2020年10月1日〜12月31日にご葬儀を行われた方
  • 16時〜 盆供養
    2013〜2016年にご葬儀を行われた方

令和3年8月22日(日)

  • 9時〜 盆供養
    2017年および21年6/29~8/15までにご葬儀を行われた方
  • 11時〜 初盆供養
    2021年1月1日〜3月31日にご葬儀を行われた方
  • 14時〜 初盆供養
    2021年4月1日〜6月28日にご葬儀を行われた方
  • 16時〜 盆供養
    2019年にご葬儀を行われた方

該当される方には、ご案内状をお送りいたします。

どうぶつお盆供養会については、こちらもご覧下さい。

また、どうぶつお盆供養会の最後は、聖寶寺庭園浄土池にて水塔婆供養を行います。

出席をご希望の方は、お電話(0594-46-8101)頂くか、またはお問い合わせフォームより「ご希望の日にち」を記載の上、お申し込みください。
最愛のペットさんの魂をご供養致しますので、初盆供養として、年に一度のペットさんのお盆供養としてご参加ください。
※ご参加の皆様には、お布施をお願いしております。

水塔婆供養とは

薄い塔婆になくなったペットさんの名前を書き、ペットさんの霊を弔う事を行います。
当山では、塔婆に供養を行った後、池に流していただきます。
あの世から、私たちを見守ってくださいという気持ちを込めて、供養します。 
(塔婆とは、卒都婆ともいい、細長い板に塔の形の切り込みをつけ、死者の追善供養の為に墓などに立てる板をいう……仏教語辞典より)

水塔婆供養を申し込まれる方は、ご案内状の中に申し込みハガキが同梱されていますので、必要事項をご記入の上ご返送下さい。申し込みハガキがない方はペットさんのお名前とご命日をメールなどでお知らせください。
一霊毎にお布施をお願いしております。

hatsubon2

hatsubon1

ペットさんにあいにきてね

桑名市・四日市市近くのペット葬儀、火葬、墓地は聖宝寺へおいでください。

| カテゴリー: イベント情報 |

コロナの感染拡大を受けて、この時期、多くの人が集まるのは、いかがなものかいう周りの意見をいただき、今年は、参拝者なしで執り行うこととなりました。

参拝をご希望いただいていた、皆様には大変申し訳ありません。

21日土曜日 午前10時半から和尚とお手伝いの皆さんで、おつとめを行います。
Youtubeでライブ配信する予定ですので、よかったら、ご覧ください。

聖宝寺中井泰山 Youtubeチャンネル

水塔婆をお申し込みいただいていた方の水塔婆は、和尚が責任を持って、池に流させていただきます。

とてもとても、残念です。

ファイトですね!!

| カテゴリー: イベント情報, 和尚のブログ |

毎年、施餓鬼会の後、桂七福さんを招いて落語会を行っています。

今年はFacebookでライブをしました。

スマホなので、声が小さいのが難点ですが。

見てくださいな!!

| カテゴリー: 和尚のブログ |